読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ゲリラ日記

ヒトモノカネに縛られず、自分の人生を生き、幸せを追求するブログ

特に高学歴な人が社会に出て陥りがちな4つのワナ

学歴だけでいうと、私もトップクラスの高学歴だ(自分で言うな?)。なので社会に出てから気づけず、陥ったワナも多かった。

終身雇用が終わり、少子高齢化が進む日本。おまけにグローバルの波も押し寄せ、インターネット影響で情報スピードも格段にアップ。新しい働き方が迫られ、イノベーションを生み出す人材が求められる。

高学歴な人間は、確かに頭はいい。勤勉だし、理解力もあるし、真面目。だからこそ、終身雇用で守られ、会社のルールの中で働く時代には申し分ない。

しかし、時代は変わった。その高いバランス力ゆえに、現代においては大事なことが欠けている人が多い気がする。共通して陥るワナがあると気づいた。

「失敗をしてはいけない」と考えるワナ

受験戦争を突破した高学歴な人は、正解を探すのがうまい。しかも受験における正解は基本的には1つだ。正解が複数ある試験なんて聞いたことがない。しかし、実際の社会では正解などない。しかも、徹底的にマーカティングしても、膨大なデータを分析しても、結局はやてみないとわからない。成功するまでに何度も失敗をしないといけない。失敗は、必然なのだ。失敗は悪ではない。

これに対する解決策としては、「とにかくやってみる」ことが大事。そして、「市場と真摯に向き合い、学ぶ」これが大事。

このへんは、ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」を読むと理解が深まるだろう。とにかく、失敗に対する捉え方を修正すべきだ。

 教えてもらおうとするワナ

もちろんわからないことは、人に聞くのが一番早い。しかし、なんでも教えてくれるわけではない。受験勉強は教科書や先生に聞けばなんでも教えてもらえた。しかし、社会では正解がない。先輩や社長でさえも正解などわかってない。それに、日々時代は変化している。なので、自分で考え、市場と向き合い、検証を繰り返し、自分なりの解を見つけていくしかないのだ。

しかし、特に高学歴の人はそのことに気づかない人が多い。これもワナだろう。

他人と比較するワナ

受験勉強などでずっと競ってきただろう。もちろん社会も競争なので、競うことは時に大事だ。しかし、ここでいう「他人と競う」とは、「他人と比較する」とも言い換えられるかもしれない。もっと上、もっと上と上を目指しても、上には上がわんさかいる。そんな中で他人と競っていては、疲弊するし、時間が無駄である。

そこで大事なのは、「足るを知る」ことだ。必要なことは大体全部揃っている。あとは、自分を基準にして、自分に必要なことを必要な分だけ実行する。それが大事。

未来に期待をしすぎるワナ

小学校の時は、中学受験。中学では高校受験。高校では大学受験。このように、ずっと未来に期待して、今を我慢し、受験勉強に明け暮れてきた人が多い。そのためか、やたらと未来に期待をし、今を我慢している人が多いと感じる。

はっきり言ってそれは全く逆だ!ワナにハマりすぎている。

結局未来なんてどうなるか、誰にもわからない。ある程度未来を予想するのは大事だが、正直どうなるかわからない。

わかるのは、今だけだ。そして未来は今の積み重ねだ。未来に期待している暇があれば、今を全力で生きよう。今を全力で楽しもう。今を大切にできた人だけが、幸せな未来をつかむことができる。

 

高学歴に限ったわけではないが、特に高学歴に多い4つのワナについて書いてみた。自分自身もこのワナにハマった経験があるので、ぜひ優秀な方にはこんなワナにハマらず活躍してほしい。