読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ゲリラ日記

ヒトモノカネに縛られず、自分の人生を生き、幸せを追求するブログ

人生に迷い苦しんだ時はゲーム化すべし!人生ドラクエ化マニュアル

最近がむしゃらに頑張ってはいるけど、なんだかハッピーじゃない。そう感じたので、本書「人生ドラクエ化マニュアル」を読んだ。

 自己啓発に関する本はもう数百冊以上読んでるので、もう自己啓発本には正直興味ない私ですが、「人生ドラクエ化マニュアル」はなかなか面白かった。人生を楽しむ為の方法を、これほど具体的に、しかも体系的に解説している本はあまりないのでは?しかも本質を突いている。「人生を楽しむ為の攻略本」という言葉が適切かも。人生に迷った時、なんだかモヤモヤする時、弱気になった時、など本書をパラパラめくって解決策を見つける。そんな使い方をしたい。

以下、本書で気になった箇所をメモ。

人生の闘いを「苦痛」から「快感」に変えるには人生のゲーム化が使える

生きることがしんどいと感じるのは、闘うことを「苦痛」と感じるから。人生をゲームとして扱い、ゲームをやってる時のように闘うことを「楽しい」と感じられれば、ハッピーになれる。だってゲームやってる時楽しいじゃん

ゲームを構成する3大要素

ゲームとは目的を達成する為のルールに基づいた敵との楽しい闘いである。つまり、ゲームを構成する三大要素は、「目的」「ルール」「敵」なのである。

例えばスーパーマリオでは、目的:ピーチ姫を助ける、ルール:マリオ内のゲームルール、敵:クリボークッパなど。

なので、人生をゲーム化して楽しむ為には、人生に「目的」「ルール」「敵」の要素を入れればいい。

人生を楽しむ為の、熱くなれる夢もってるか?

ゲーム化する上で大事な「目標=夢」これが一番大事。本書では、「ワクワクして動きたくてうずうずする夢」が大事とある。また人生の目標はゲームと違って自分で設定できる。なので、他人の夢ではなく、自分の夢を設定しよう。そしたら、体が勝手に動き出す。

楽しく敵と闘う方法を知る

楽しい闘い方を知らなから苦痛になる。人生の敵の特徴は2つ。

1)目標を設定したら、敵が自動生成される

2)気づいたら敵が協力者になる(人生の醍醐味)

そして、人生ゲームをおもしろくするには、ゲームの難易度調整が大事。それは、目標を大、中、小と設定すること。そしたら、大ボス、中ボス、雑魚と自動で生成されるから、それをコツコツクリアしていくだけ。その調整も自分でする

人生ゲームのルールを知る

ゲームを制すには、ルールを知るべし。ルールの詳細が気になる人は、本書を参照してほしい(全部は書けない)。ここでは個人的に気になったルールを抜粋。

負けても増える経験値ルール

敵と戦えば、勝っても負けても、途中で逃げても経験値は増える。このルール大事。だから、死なければ失敗してもいいから挑戦したもん勝ちなんだよ。やって失敗しても途中で棄権してもいいから、やって経験値あげてレベルアップしたほうがいい。

これちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」にもあったな。あれこれ考え過ぎてもわからんのよ。結局やってみて、市場からフィードバック(経験値)もらって、それをもとにまた挑む。それの繰り返しでしか、成功にはたどり着けない。

 想像は現実とズレるルール

実際にやってみないとどうなるか分からない。マジでそう。だから思いついたら、すぐやる!これがベスト。これしかない。

あと、やるときに湧いてくる「プライド」「見栄」「世間体」「体裁」はすべて邪魔。最速で「無視」コマンドを使って瞬殺しよう。時間の無駄。

何度でも挑戦できるルール、何度でも選択肢を増やせるルール

ゲームと違って人生ゲームは何回でも挑戦できるし、そのうち一回でも成功すればいいし、選択肢も自分でいくらでも増やせる。なので、バッターボックスに立ち続けて振り続けたモノ勝ち。

勝てる土俵で戦えるルール

これも人生ゲームならでは。どの土俵で闘うかは自分で決められる。だから自分に有利な土俵で戦おう。有利な土俵なら勝てる確率も上がる。

 

「人生ドラクエ化マニュアル」名前はちょっとふざけてたけど、内容はしっかりしていて実践的だった。さすがはスクエニのゲームデザイナーだけある。