読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々ゲリラ日記

ヒトモノカネに縛られず、自分の人生を生き、幸せを追求するブログ

風邪を早く治す方法まとめ!正しい方法ですばやく対処!

普段めったに風邪引かないのですが、まさかの元旦から風邪引いてしまいました。幸いなことにインフルエンザではなかったですが、38℃まで熱が上昇。しかし3日でほぼ症状は治まりました。この機会に風邪をすばやく治す方法を調べて実践しましたので、備忘録的に残して起きます。

解熱剤で無理に熱を下げるのはナンセンス!

これ、多くの人が間違ってると思います(私もそうでした)。発熱は体の防御反応です。感染したウィルスと熱には相関関係があります。例えば、37℃まで上昇することもあれば、38℃まで上昇することもあるのは、感染したウィルスがその体温で一番死にやすいからです。なので、そのことを知らずに解熱剤で熱を下げてしまうと、逆効果になってしまいます。※ただし、39℃を超える発熱など、辛過ぎて食事もできない、眠れない場合は体力を消耗してしまうので、その際は解熱剤を飲むのもありです。ようは、この理屈を理解せずにむやみやたらと熱を下げるのは逆効果ということです。

なので熱が出たら、その体温を保ち、安静に寝るのがベストのようです。

ウィルス(風邪)に抗生物質は効かない!と心得よう

これも多くの人にとって衝撃的な事実かもしれませんが、抗生物質はウィルスに効きません。なのに風邪を引くと多くの場合医師から抗生物質を処方されます。(ただし、ウィルスによって粘膜が弱っている場合、最近が感染することがあるので、その二次感染予防の為に抗生物質を使うという考えもあるが・・・そこは自己判断で)

また必要の無いときに抗生物質を摂取していると、効かなくなってくる。そしていざ抗生物質が必要となった時、効かないのでは本末転倒なので、なるべく不要なときに摂取しないほうがいいそうです。

ビタミンCをたっぷりとろう!

特に感染の初期に、免疫の活動にビタミンCが大量に消費される。なので、免疫の働きを高めるためにもビタミンCをしっかりとると良いそうです。ビタミンCの多い果物からとるのもいいですが、なかなか採れないので、サプリメントを飲むのがベストかと思います。

ネイチャーメイド C500 200粒

ネイチャーメイド C500 200粒

 

 私は、このネイチャーメイドのビタミンCを使いましたが、このあたりは薬局に売ってるやつなどで良いかと思います。

ローラ ビタミンC 150粒

ローラ ビタミンC 150粒

 

 子供などサプリメントを飲みにくい人は、このようなタブレットタイプのビタミンCもあるようですね。ビタミンCは風邪がはやっている時期は常に摂取してもいいと思います。

水分(できれば電解質含む)をしっかり補給しよう

発熱時には多くの水分が奪われます。また、ナトリウムなどの電解質も消費されるので、脱水症状に気をつけたいです。電解質のドリンクだとポカリスエットアクエリアスがありますが、これらは糖分が多いので過剰摂取は避けたいです。たまたま近くのドラッグストアで見つけた「経口補水液OS-1」はよさそうでした。(私はこれを試してみましたが、飲みやすくていいですよ!)

経口補水液 OS-1 500ml

経口補水液 OS-1 500ml

 

しっかり寝て、体力を蓄えましょう

とにかく、ウィルスと戦うことにエネルギーを注ぎこませたいです。そのために、しっかり寝て、体力を蓄えましょう。

体を温めて、免疫力を上げましょう

しっかりと着込みましょう。喉が痛い場合は、首周りも保温するのがベストです。ただし、汗をかくと体が冷えて逆効果になるので、無理に汗をかいて治そうとするのはナンセンスです。また部屋を暖める際は、乾燥に気をつけてください。ウィルスは湿気に弱いので加湿器などで湿度を担保しましょう。

食事ができる場合は、タンパク質多めの食事を取ろう

免疫の原料となるのはタンパク質。また、タンパク質を食べると体温が上がるので、免疫力も上がります。しかし、食べれない時に無理して食べると消化に体力を消耗して、かえって逆効果になる場合もあるので、様子を見ながら食べてくださいね。

病院で医師の診断を受けよう※病院へ行く際は、マスク必須

熱がひどい場合や、近くに病院がある場合は診察にいきましょう。インフルエンザなどの場合、自己判断で解決するわけにはいきません。ただし、病院へ行く際は必ずマスク着用をしましょう。できれば濡れマスクなどのほうがウィルスの進入を防ぐ効果は高いです。

 

以上、この風邪の機会に、早く風邪を治すための対処法をまとめてみました。風邪で苦しむ方の少しでも参考になれば幸いです。お体にお気をつけを・・・!